• HOME
  • スタッフブログ詳細

スタッフブログ

2018/05/05 指宿情報 白水館だより 館内イベント

【2018年】端午の節句

本日、5月5日はこどもの日ということで、
各地お子様向けのイベントで盛り上がったのではないでしょうか♪

少し前からになりますが、館内にも端午の節句を彩る
飾り付けがされていますよ。

フロントロビーの五月人形と・・・、

【2018年】端午の節句画像

プールサイドでは、こいのぼりが青空をスイスイ

【2018年】端午の節句画像 【2018年】端午の節句画像

端午の端には「はじめ」という意味があり、端午とは5月の最初の午の日 という意味だそうです。
午の「ご」という音が五に通じることなどから、
奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着されたそうです!

鎧や兜を飾ることは武家社会から生まれた風習です。
現代においては、鎧兜は“身体を守るもの”という意味が重視され、
大切なこどもを守ってくれるように・・・という願いを込めて。

またこいのぼりは、鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると
竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、
どんな逆境にも耐え立派な人になるように、という
願いを込めて飾られるのだそうです。

いつの時代にも、こどもの健やかな成長を願う気持ちは
変わらないものなのですね

当館では、明日10時まで毎年恒例の「端午の節句」イベントとして
中庭(白水庭)にて鹿児島の新茶をお出ししております。

【2018年】端午の節句画像

季節を感じながら、ぜひお楽しみ下さいませ。

このページのトップへ