• HOME
  • スタッフブログ詳細

スタッフブログ

2020/08/30 白水館だより 自然

豊松庭の松の剪定が行われています

豊松庭の松の剪定が行われています画像

皆様こんにちは(^^)
間もなく8月も終わろうとしていますが、今日の指宿は快晴でまだ夏の最中です

対岸の大隅半島を望み、
青い海 と、どこまでも広がる青い空を見渡せる
錦江湾(鹿児島湾)沿いにある、当館の豊松庭(ほうしょうてい)には、
昭和35年以前から生えている豊かな松林があります。

豊松庭の松の剪定が行われています画像

今日も炎天下の中、
当館の植栽すべてを日々管理している園芸の専門スタッフ達が取り組んでいるのは、
およそひと月半かけての松の剪定作業です

豊松庭の松の剪定が行われています画像 豊松庭の松の剪定が行われています画像

昨年行われた当館の耐震工事や、新型コロナウィルスに伴う休館の影響を経て、
敷地内のあらゆる植栽管理スケジュールを調整しながら進められていました

全ての植物には、
開花する、新芽が吹く、紅葉する
結実する、落葉〜休眠・・・などの季節的なライフサイクルがあって
次のスケジュール開始までの限られた期間で行われています。

豊松庭の松の剪定が行われています画像

作業中に話を聞いてみました(`・ω・´)

豊松庭の松の剪定が行われています画像

広い敷地内にある様々な植栽の管理は、
歴代先輩方から受け継がれてきた技術や知識の他にも、
日々の作業で得た気づきを元に帰宅後に自分達で調べて学んだり、
「木を傷めない害虫駆除の仕方」
「樹形を保つには、こういう枝はどう剪定するか」など、
仲間同士で知恵をシェアし合って実践で取り組んでいるそうです

館内のどの部署に取材していても感じることですが、
一番大切なのはチームワークなんだなと改めて感じました(*^。^*)

豊松庭の松の剪定が行われています画像

こちらは剪定される前の枝ぶり。
日光を好む松は、新しい葉を付けた枝が日の当たる場所を求めて、枝ぶりを広げていき、
放っておくと樹形がすぐに乱れてしまうそうです。

豊松庭の松の剪定が行われています画像

こちらが剪定した後。日光が行き渡るスッキリした仕上がりですよね

豊松庭にある松の剪定の成果にも、日々培われてきた様々な知恵と技術が詰まっていて、
こうして改めて見てみると、一枝ずつ考えて選びながら剪定された美しさを感じました

当館の敷地内には、樹齢50年、100年を超える松の木もございます。
他にも、ガジュマルやアコウの木、ブーゲンビリア、ヤシ、サルスベリ、ジャカランダなどなど
様々な樹木がみられます。
当館にお越しの際は、ぜひ散策もお楽しみください(*^。^*)

豊松庭の松の剪定が行われています画像 豊松庭の松の剪定が行われています画像

まだまだ暑い日が続きそうですね
屋内にいらっしゃる方も含めて、皆様も水分や塩分補給をこまめに取って
熱中症など体調を崩されませんように、一緒に夏を元気に乗り切りましょう

このページのトップへ